株式会社丹羽鉄工所 株式会社丹羽鉄工所

Menu

社員情報

「法令遵守」は企業活動の基本。
生産にまつわる法的手続きが完了して初めて、
工場が稼働する。

    本社 技術部 生産技術グループ
2014年入社
野崎 洋子

生産と法律は、切っても切れない関係。

技術部は、生産準備を担当する部門。新しい製品を作るための工法を考えたり、設備の選定・設置などを行ったりするのが仕事です。例えば新製品の生産を受注すると、そのための生産ラインを新設しなければなりません。そこでどんな設備が必要かを選定したり、より生産性の高い技術工法を見つけるんです。新しい設備の導入には、法的な手続きも必要です。装置の概要や導入計画の作成ほか、騒音や振動、消防に関する届け出などを行います。今、私が担当しているのが、まさにそれ。新規設備の法的届出書類を作成し各行政官庁に申請する業務と、図面データの管理を任されています。

実物を自分の目で確認することで増えていく知識。

当社では、製品や得意先のニーズに合わせたさまざまな設備を導入しています。その分、該当する法律の種類も多くなるんです。生産ラインの新規立ち上げや既存ラインへの設備追加がいくつも重なると、大忙し。また、法的届出書類の作成には技術的な知識が必要なことも多々あるので、少しでも疑問に思ったことは技術者に質問し理解して書類に反映させています。設備の導入・設置後には、現場に実際に見に行くようにもしています。外観図と照らし合わせて実物を確認することで自分の中に引き出しが増え、次に新しい設備を導入する時に図面を見るだけで必要な法的申請を想定できるようになってきました。

やる気しだいで成長できる環境。女性も長く活躍できます。

今後は、技術系の仕事に携わる予定です。新たな生産ライン構築の計画を立てて、最適な設備を選択するのが生産技術のエンジニアの仕事。少しでも早く一人前になれるよう努力したいと思っています。今、電気主任技術者の資格取得にもチャレンジ中なんです。携われる範囲をできるだけ広げたいから。当社は、意欲があればスキルアップのための研修にどんどん参加できるのが魅力。また、女性社員も活躍していて、ほとんどの人が産休や育休後にも職場に戻ってイキイキと働いています。同じ部署にも尊敬する女性エンジニアがいるんです。今は産休中ですが、復帰後は先輩からたくさんのことを学びたいと思います。